振り遅れ 原因 時とリスクを制御して勝つテニス 堀内昌一 結果が出る練習

振り遅れの原因!レディポジションにあり!

リターンのとき打点の位置が後ろになる、なんてことありませんか?

 

自分でも直そうと意識してもやはり打点が後ろになりすぎてうまく打てない…。

振り遅れの原因

 

結論から言えば、こうした振り遅れの原因はボールを待つときの姿勢と位置であるレディポジションにあることが多いです。

 

 

これが正しくないと、相手が打ってくるボールに素早く反応することができません。

 

その結果、テイクバックも遅れ余裕がなくなり、苦し紛れのストロークになってしまいかねません。

 

正しい姿勢は、体を正面をネットに向けて正対し、両足は左右に広げます。
足幅はラケット1本分程度が目安にして、素早くあらゆる方向に動きやすい足幅を決めます。

 

 

上体はやや前かがみにし、膝は軽く曲げます。
かかとは少し浮かせつま先に体重を乗せます。このようにすることで素早く動けるようになります。

 

逆に上体が立っていると、素早い反応ができません。

 

ラケットは左手に力を入れて持ち、右手はリラックスさせます。

 

 

このようにしたほうが、バックサイドにきたときにグリップを素早く変えやすく、スイングするときに力を入れやすくなるからです。

 

ただ、正しい姿勢をとっていても、位置が悪ければボールの反応もそれだけ遅れてしまいます。

 

例えば、相手がセンターにいるときは正しい位置はセンターで良いですが、サイドに相手がいるときはセンターが正しい位置とは限りません。

 

 

相手がサイドにいるのにセンターに立つと、バックサイドが大きく空いてしまいます。

 

基本的には相手が体を向けて打つてくる中央の対角線上に立ちます。
相手がサイドにいる場合は、中央よりやや左右寄りになります。

 

このように、正しいストロークは正しいレディポジションから始まるといえます。

 

 

そして、ボール打つ前にあらかじめ予測して動いている時間が、いわば準備局面と言えます。

 

テニスは、打つまで何をしていても良く、リバウンドしてから動き出そうが個人の自由ですが、早めの準備というのは、心に余裕が生まれます。

 

余裕がないから振り遅れたり、焦って打つ。
焦っているからきちんと当たらなくなってしまう、という悪循環に陥ってしまうわけです。

 

 

そのように考えると、実は準備局面が一番重要なんだ。そう気づかされます。

 

TOPへ