サーブ ネットにかかる 時とリスクを制御して勝つテニス 堀内昌一

サーブがネットにかかる!引っ掛けないコツとは?

テニスでここぞというときに、サーブミスをしてしまう…何ててことありませんか?

 

私はあります。
特にサーブを強く打とうとするとアウトよりも、どちらかというとネットミスの方が多くなる傾向がありました。

サーブがネットにかかる

 

インパクトから、下に向けて叩きつけるようにスイングしていたのですが、そうすると、顎が下がってネットになりやすいんですね。

 

 

特に強いサーブを打つとネットにかかるような人は、顎を残すようなイメージで打つと良いかもしれません。

 

顎を残すためにやることは、手の動きがポイントです。
インパクトで手があるところから叩きつけるように打つと、下に行ってネットにかかるので、一度上に押してから叩くようにします。

 

このようにすることで、インパクト後に手が上に向かって伸び、その後に下に向かってスイングするようになります。

 

 

その結果、顎が残るようになり、ファーストサービスの確率が格段に上がりました。
これがサーブがネットにかからないコツです。

 

実際に試合でやってみると、サーブがネットにかかることが減り、サーブが入るときと入らない時の差がはっきりわかるようになりました。

 

やはり、サーブの高さが自分で調整ができないとネットにひっかかったり、アウトになってしまったりしがち。

 

 

サーブは、まず相手のサービスボックスに入らないと話になりませんが、リターンエースを狙えるチャンスボールを与えても仕方がないですよね。

 

ファーストサービスは例えミスしても豪快に、セカンドサービスは確実性重視でしょう。

 

TOPへ