ストローム 安定しない 時とリスクを制御して勝つテニス 堀内昌一

ストロークが安定しない!それなら「1人打ち」の練習方法

テニスでストロークが安定しない、ということありませんか?
私はあります。

 

そもそもテニスは、相手から飛んでくるボールは高さもスピードも毎回違うので、自分が打つ場所も毎回違ってくるので、安定させるというのは難しいものです。

ストロームが安定しない

 

実際、一流のトーナメントプロでさえ、不調のときなどは毎回違うスイングになってストロークが安定しない、ということもあるようです。

 

 

ストロークはボールをラケットでとらえる感覚が身についていないと、毎回違うスイングなってしまい、いつまでたってもコントロールは安定しません。

 

逆に考えれば、ラケットでボールをインパクトする前後の動きを体にしっかり覚え込ませておけば、どんな高さや速さ、回転のボールでも安定して打てるようになるはずです。

 

そこでボールをラケットでとらえる感覚が身につく、テニス初心者でも簡単にできる「1人打ち」の練習方法を紹介しますね。

 

 

まず、スクエアスタンスになって、左足は斜め45度にセットし、左足の前30センチあたりに左手でボールを落とします。

 

コートに対して横向きに構えますが、左足を45度に開くことで体が捻りやすくなります。

 

また、左足前方にボールを落とすときには、一度上に投げ上げたほうが、ポトリとボールを落とすよりも余裕がうまれ打ちやすくなります。

 

 

次に、左手をインパクト方向に向け動かさないようにセットします。

 

そして、体を回転させて、右足から左足に体重移動させていきます。
その際、左手は体の前に残して、ラケットはボールを後ろから押すような感じで前方に伸ばします。

 

右足を沈み込ませることで体が動くきっかけになり、右足で「イチ」、左足で「二」とタイミングよくボールを捉えましょう。

 

 

悪い例でよく見かけるのは、ボールと一緒に左手が動いてしまう人もいますが、左手はセットしたその場から動かさないようにしてください。

 

先にある左手を追いかけて、右手とラケットが左肩の上へ向かって振り抜きます。

 

このストロークを安定させる「1人打ち」の練習は、簡単に見えますがとても大切です。
実際、トーナメントプロでも、調子が悪い時やフォームを調整するときなどは、これから始めています。

 

 

最初はサービスラインから相手コートサービスラインまで届くくらいのボールを打ち、毎回同じ場所にコントロールできるようになるまで続けて、ゆるぎない自分の打点を身につけていきましょう。

 

ストロークの練習の考え方教えます。
TOPへ