振らない ボレーの練習 時とリスクを制御して勝つテニス 堀内昌一

振らないボレーの練習

テニスでボレーの練習をしっかり行っていますか?
特にダブルスでのボレーが苦手という選手も少なくないでしょう。

 

ボレーの練習

 

相手コートの手前にボールを落としてしまったり、フレームに当たってあらぬ方向にボールが飛んでしまったり、あるいはネットになってしまう…。

 

 

そこで、ボレーの練習としては、まず振らないでボールを捉える練習をしていくと良いかと思います。
それには、ボールが飛来する高さに、素早くラケットを差し出して当てる練習から始めるようにすると効果的です。

 

 

一見すると簡単に見えますが、これがとても大切なことなんです。何より、ボレーは打つものではなく、当てるものだからです。
ボレーは、決めてやろうとするショットなだけに、甘いボールが上がって来た時にはどうしても力みがちになるものです。

 

 

特にボレーが上手く出来ない人というのは、ラケットを振って、しかも打ち下ろしてしまっています。
これではネット引っかけてしまったり、アウトにしてしまうことが多くなります。
何故、このようになってしまうのかといえば、ラケットを振らないとボールが飛ばないと思っているからに他ないでしょう。

 

 

しかし、ノーバウンドのボールというのはワンバウンドした場合と違い、回転やスピード、パワーなども多く含んでいます。それを打ち下ろしのようにして捉えてしまえば、ミスするのも当たり前です。
ボレーで重要なのは、点ではなく線でとらえるように正しくラケットに当てることが大切です。間違っても振って決めようとしてはダメです。

 

 

そんなボレーを決めやすくすには、ポイントが4つあります。
一つ目は低く構えること。スタンスはラケット1本分くらいにして、膝を曲げて構えるようにします。
この時に高く構えると横へのボールに対して対応が遅れるので、コントロールミスなどをしやすくなってしまいます。

 

 

二つ目は1歩踏み出して当てるだけ。三つ目はラケットをボールが飛んで来る高さの延長線上に素早くセットすること。
四つ目は、飛んできたコースに押し返すイメージで真っ直ぐ地面に水平に振り出すようにすることです。

 

 

以上のポイントを押さえて、パートナーに1歩で届く範囲に投げてもらい踏み込んで当てるようにボレーの練習をしていくと良いでしょう。これなら、イメージしながら一人で自宅で練習もできますね。
この当てるインパクトの感覚を身につければ、ボレーの成功率はグッと上がるかと思います。

 

 

なお、ボレーをするときに、横を向いて前に出るというのは良くありません。何故なら、一瞬遅れてしまうからです。ですが、斜め前に出るようにすれば、足と頭が同じ向きになりコントロールもそれだけ良くなります。

 

 

いずれにしても、ボレーを決めやすくするには、ラケットを置く位置、ラケットの出し方、頭や顔の位置などポイントがいくつかありますので、それを踏まえてしっかり練習していきましょう。

 

時とリスクを制御して勝つテニスの詳細を見てみる